太陽光発電も近年、売電単価が下がってしまったことでかなり下火になっていますね。新築物件に付属するものは別として、既設の住宅へ新たに設置するということには消極的である方が多いようです。ただ、見落とされているのは、その流れと技術革新によって太陽光パネルそのものの価格が以前よりかなり下がっていることです。格安を謳う広告をたくさん目にしますが、本当に安い。たとえ売電単価が下がったとしても、全体の収支で考えてみればそれほど変わらない利益を得ることができるとも考えられます。工事費や諸費用も含めた総額を予想発電量で割り算すれば、kw当たりの設置単価というものが出ますから、複数の見積もりを取って検討してみることをおすすめします。ただ気を付けたいのは、安いからと言って中国製パネルを選ばないことです。これは失敗する確率が高いです。

格安の太陽光発電はそのリスクをチェック

太陽光発電の人気は以前ほどではないものの、パネル自体の価格が下がり、設置費用が低くなったとから、まだまだマーケットとしては熱いようです。最近よく目にする格安という広告ですが、同じ太陽光発電だからといってなんでもいいわけではありません。パネルそのものの性能や保証内容、屋根に穴を空けて施工することを考えれば、使用する金具の材質や強度、施工方法など実は色々と検討しなければならないことがあります。気を付けたいのはやはり中国製品です。国内メーカーのOEMで、中身は同じと謳う業者もいるようですが、はっきり言って別物です。設置後のトラブル率は実際にかなり高いようで、メーカー保証についても国内のそれと比べればお粗末な内容であることが多いようです。10年もの歳月で費用を回収していくことを考えれば、できるだけリスクを減らすということがポイントです。

格安で設置できる太陽光発電システムについて

格安で設置することができる太陽光発電システムがどんどん増えています。具体的に言いますと100万円台です。これによって、家庭でも電気を自力で作ることができるようになります。それがとてもよいことであり、これからの不安定なエネルギー供給に対しての備えになります。金銭的なメリットもあります。具体的に言いますとそれは買い取ってくれることです。発電して余った分の買取が電力会社の義務としてありますから、その点に関しては心配することはないです。それはとても有難いことではありますが、それでも元を取るまでに10年は見る必要があります。これは格安の太陽光発電システムであるからこその年数になります。昔はもっと長かった事が殆どであり、10年で元が取れるというのは極めて大きなメリットになります。今が導入の良い機会であるといえます。